関節痛・神経痛でお悩みの方が気にするべきこと

関節痛や神経痛でお悩みの方は年配の方に多いと思います。
それは世間的な一般常識であって、軟骨のすり減りによる痛みの発生に関しては、40代の方々も多く抱える問題化と思われます。




さらに言うのであれば、60代、70代の人はキチンと認識がある人がおおいのですが、40代の人、50代の人はそこまで重たい問題と考えていない傾向が見えます。

『膝が痛い』という認識はあっても、寝たらましになるからほったらかしという人も多いのではないでしょうか?
実は身体の中で、軟骨がすり減り痛みが発生してしまっている事に気づいていない人がおおいわけですね。

関節に負担を与える

普段の生活から関節に負担を与えている人はもちろん、健康の為に運動を始めようと思って、運動を始めた瞬間ひざの痛みを感じるようになった人も多いのではないでしょうか?

ふだんから運動をしていなかった人が、急に運動を始めたら、急激に膝に負担を与えます。
山登り、ランニング、ウォーキング等全部に言えることだと思います。

いきなり膝に負担を与えると、徐々に痛みの原因になってくる症状が表に出てきて、痛みを感じるようになることは間違いありません。

実は筋肉の圧迫や骨の圧迫が神経を炒めている

身体のバランスが崩れる事で神経痛は発生します。

若い人の場合であれば、睡眠不足や悪い姿勢によって神経痛を発生させます。
ただの神経の炎症であれば、休みを摂れば痛みはなくなることはありますが、体質的に神経を圧迫するような感じになっていると、根本的な改善をしないと、痛みは出続けます。

なぜなら、神経の炎症や神経組織の破損を改善していないからですね。
内側から良くするには、神経を主婦くするための栄養を取る必要が大いにあると思います。

それは、サプリメントでは補いきれないかもしれないから、お薬などに頼る必要がありますね。




医薬品とサプリメントの違い

健康維持、ダイエット、疾患の予防・治療のために、健康補助食品や医薬品を利用される方も多いかと思います。
サプリメントは健康補助食品の事です。
お薬のような見た目にはなっていますが、お薬とは違って医薬品ではありません。
関節痛のサプリメントと医薬品も、同じように見えて実は違ったりします。

医薬品とサプリメントの違いについて、ちょっと説明したいと思います。

医薬品とは

医薬品は身体の調子の悪いところを治療するのを目的としたもので、きちんと認められたものを言います。
もちろんお薬なので、身体の悪いところを治療する反面、きちんと用法・容量を守る必要があり、副作用の危険もあります。
危険度の高い順に危険区分がされており、それがよく目にする「第1類」「第2類」「第3類」と分けられているものですね。

第1類

第1類医薬品は副作用の危険性が高いものです。
お医者さんから処方箋をもらって、薬剤師さんのいる薬局で、効果・効能、副作用の説明をきちんと聞いたうえで、購入ができるお薬です。

第2類

第2類医薬品は、第1類に比べて、危険度は下がるものです。
ドラッグストアでも、インターネットの通販でも販売されているものがあります。
薬剤師もしくは登録販売者の資格を持った人から購入する事ができます。

第3類

第3類医薬品は1,2類に比べて穏やかな薬です。
インターネットでも、ドラッグストアでも販売されています。
穏やかといっても、医薬品は医薬品です。
副作用の可能性はありますので、必ず用法・用量を守りましょう。

医薬品はサプリメントと違って、治療を目的としたものです。
体の中を変化させる作用があるので、副作用には気を付ける必要があります。
間違ったお薬を飲んでしまわないように、きちんと添付文書を読みましょう。

サプリメントとは

サプリメントは健康補助食品です。
あくまでも食品なのですね。
機能性表示食品とか特定保健用食品とか、成分の効果がうたわれている商品もありますが、商品自体に効果効能が認められているわけではないのです。
例えば、グルコサミン!
関節痛の為にはグルコサミンを摂取するのが良いという考えも、現在では大分定着してきたと思います。
しかしながら、グルコサミンは関節の軟骨成分を作る為に必要な成分ではありますが、関節以外の部分にも多く必要とされています。
グルコサミンのサプリメントを飲んでも、すべてが「痛めている関節」に栄養が届くわけではないですよね。
そのうえで、症状がひどくなるのを予防するために摂取するのが、サプリメントですね。
栄養のバランスを整えるために摂取するものです。

どちらを選んだらよいの?

医薬品とサプリメントはどっちを選べばよいか?

確かに皆さん悩むとおみますが、自分の状態で考えていただければ結構です。

医薬品は体の悪いところを治療するもの
サプリメントは健康を維持するために、栄養をバランスよく摂取するためのもの

そう考えていただければ、今の自分の状態にはどっちを選択すればよいかがわかると思います。

例えば...

「膝の調子がちょっと悪いな」というかたは、サプリメントで緩和

「普段から動くと膝に痛みが走る」という方は、医薬品で治療を!

膝、肩、腰の痛みが何の原因なのか?実は身体の中の原因の場合もあるのです。

セラピスト

膝、肩、腰の痛みでお悩みの方へのアドバイスです。

中高年の身体の悩みとしてあげられる関節痛ですが、意外と若くても関節痛で悩まれている人は多くいます。

例えばアスリートの方、例えば立ち仕事の方、例えば運動不足の方、体重が多い方。

すべてに共通して言えることは、関節部分に通常の方よりも負担を多く与えているという事です。

20代の頃には痛みなんて感じないで、今と同じ生活ができていたのに、30代半ばに差し掛かった時から、ちょっと酷使すると痛みが出るようになってきたという人は多くいるのではないでしょうか?

膝の痛み

早めに対処できる間に気づけていれば、つらい思いをする必要が無かった可能性もあります。

わたしがお話を聞いた中でケースではありますが、ちょっと紹介したいと思います。




リラクゼーションサロンで働くセラピスト(34歳 女性)の膝・腰の痛み

セラピスト

20代の頃からの知り合いにの、現在セラピストの彼女は某ラ○○ネというリラクゼーションサロンで働く女性です。

日本国内の営業成績でも、上位に入ったことのある優れ者だそうです。

もともと知り合った時はアパレルのショップ店員を行っていて、一日中立ちっぱなしの、走り回っている仕事だったと記憶していたので、リラクゼーションサロンとかだともうちょっと休み休み仕事ができるようになったんじゃないの?と思うようになりました。

「全然、ショップ店員の方が楽だったよぉ~」という彼女。

セラピストの辛いところは

  • ほぼ立ちっぱなし
  • 全身をマッサージするので、常に身体に負担がかかる
  • 通常の姿勢では行えないので、変な力の入り方がする

との事でした。

まぁ、想像してみればそうですよね。

確かにその通りだと思います。

そんな彼女が漏らしたのが「年取ると膝が痛くなる」「腰が痛くなる」でした。

いやいや、年レとしては30代半ば!まだまだイキイキと元気に仕事をこなしていく年齢です。

歳をとったから、身体にガタが来た!と思うにはちょっと早い時期だとは思うんですね。

いつも、仕事を終わった後はお風呂でマッサージしたり、寝る時には湿布を張ったりして、だましだましに毎日を過ごしているとの事でした。

「長くは続けられないだろうなぁ~」なんて、ちょっと寂しい事も言っていました。

将来を見ていたのは、指導する側になれば、少しは楽にはなるだろう!という事でしたが、セラピストの大事なところはお客様と直接接っして、お客様の状態を知りながら施術を行う事らしいので、完全に離れてしまうと、本当に大事なところが教えられないというところでもあるという事でした。

20代後半から減少する体内のコンドロイチンですが、30代前半で痛みが発生してしまうのは、ちょっと酷使をし過ぎている可能性が考えられます。

膝の関節痛の原因は関節を酷使した事による、軟骨のすり減りがおおいに考えられますね。




攻めの走りができなくなった市民ランナー(38歳 男性)の膝の痛み

ランナー

中学、高校の時に野球部をやっていた38歳の友人の話です。

スポーツが好きで、大学の時も友達と一緒に草野球をやったり、よく行く飲み屋の仲間とフットサルをやったりとスポーツは継続的に続けていた、良くいる典型的なスポーツマンです。

ちなみに、進学高出身の彼は甲子園なんてほど遠い野球部員でしたが…

30代になってくると、周りも健康に気を使い、マラソンを始めるわけですね。

私には全然楽しさがわからないんですが、毎日○○km走ってる!とか嬉しそうに話してくれるのをつまらなく聞いていました。(話し方の問題はあり!!)

そのうち地域のマラソンに参加したり、フルマラソンに参加したりしていて、結構なスピードで走る集団に混ざって走っている時期もありました。

同じ年代でこれだけ走れるのはすごいなと思ってはいたものの、本人に話を聞くと、「もうひと踏ん張りのところで踏ん張れないんだよね」という話がここ最近の話です。

優勝を目指してマラソンに参加しているわけではないけど、やっぱり記録を伸ばしたいという気持ちはあるようです。

そのためには毎日走る事を継続しなければいけないようなのですが、トレーニングをする!となってもちょっと気合を入れすぎると、膝関節の痛みが翌日出たり、早い時は走り終わった時に痛みを感じるようになったりすることがあるようです。

始めたころの方が、後半で伸びのある走りができていたようですね。

アスリートの人や、スポーツをしている人はほかの人に比べて身体への負担はとてつもなく多いです。

それだけプロの人は鍛えているのと、オリンピック選手でもほとんどが20代まで。

身体を酷使した分はケアをしてあげる必要があるんだと思います。




毎日数字を追いかける広告担当の会社員(36歳 男性)の膝の違和感

スポーツや立ち仕事とは無縁のオフィスワークのお仕事の会社員。

外回りがほとんどなく、マーケティングリサーチの部門にいた広告系の男性の方のお話です。

先にお話しした2名とは違い、毎日15年間ほぼ運動無しの生活です。

電車で立っているのと、駅、会社までの歩くくらい。プライベートでのお出掛け位が運動の時間ではないでしょうか。

大学の頃の友人ではありますが、だいぶん膨らんだ印象はあります。

運動や立ち仕事での膝への酷使とは違い、自らの重みで…というところが懸念点ですよね。

ただ、私が思うにかれがもっと意識しないといけないのは、一日中同じ姿勢をしていることが多い事だと思います。

もちろん体重を減らせば、普段に負担が減る事は間違いないのですが、身体は動かしていないと代謝しません。

金属に油をささなければいけないのと同じように、サビついてくるわけですね。

ミーティングの時の部屋移動、トイレ、たばこ以外にはほとんど動かないらしいので、一日の30%近く同じ姿勢を取っているような感じだと思われます。




子育てで休みが無い主婦(32歳 女性)の膝・腰の痛み

残念ながら私ではありませんが…子育てという言葉にあこがれを感じたりして、子供がいる友人に「どう?」と聞いたりしますが…

そんな話の中で出てきたのが、節々が痛いという話です。

もちろん授乳時期にはお母さんがとる栄養素もとても意識しているみたいですが、2歳位になり、おとなは気にせずに食事をとれるようになってきた時に「なにかいい薬無いかしら?」なんて聞かれることが多くあったんですよね。

2歳の子供は元気です。でも赤ちゃん同様まだまだ抱っこが必要です。子供が抱っこしてほしい日中のタイミングに力持ちのパパはいませんよね。

12kgの子供を抱っこして、あやして、さらに家事をして、人によっては仕事してと休む暇もありませんよね。

あやすのはお子さんだけでもないでしょうしね。疲れて帰ってきたパパの会社に対する"グズリ"もあやしてあげないといけませんから、心身ともに疲れ果てるでしょう。

肉体労働が日々当たり前のように続く子育てママは気づいた時には身体の節々が痛いようです。肩こりは日常だし、膝まで痛み出したと…

よく聞きます。

加齢と共に減少するコンドロイチン

体内にある軟骨成分を作る原料となるコンドロイチンは20代後半から減少を始めるのはご存知ですか?

ただ、軟骨成分の原料のコンドロイチンが減少するだけなので、通常であれば、膝や肩や腰に痛みが発生する事はありません。

なぜ、痛みが発生するのか?

一番痛みが出やすい"膝"で説明すると、体重の増加や過度の負荷により、軟骨がすり減るわけです。

軟骨がすり減ると、骨と骨がぶつかり合って、痛みが発生します。

なぜなら、軟骨が普段はクッションの役割をしてくれているからです。

でも、その軟骨がすり減ってクッションや潤滑油の働きをしてくれなくなるので、動き出した時、階段を昇り降りする時とふとした時に痛みが発生してしまうのです。

30代になって痛みが出始めるのは二つの理由です。

軟骨のすり減り+関節への負荷

年齢が進み、60代、70代となると、老化と共に日常生活からの影響でも痛みが出るようにはなってきてしまいますが、30代ですり減り軟骨を補う事が出来なくなってきている状況になってくると、日々の負担が多い人は痛みを感じるようになってしまうんですね。

世間一般的にはグルコサミンのサプリメントが販売されていたりします。

グルコサミンはコンドロイチンの原料となる成分なので、確かに予防には良いのですが、より軟骨成分に近いのがコンドロイチンなのです。

また、コンドロイチンは一般用医薬品、つまりはお薬としても販売されています。

サプリメント=健康補助食品 あくまでも補助、予防の為の食品です。

医薬品=お薬 治療を目的としたものです。

医薬品として販売されているものには関節痛に対しての他の有効成分が一緒に含まれているものが多いです。

30代で上の方々と同じような生活をされている方は、安価なサプリメントで今から対策を!!

既に痛みを感じられている方は早めの治療のために医薬品で治療をしてみてはいかがでしょうか?

「もぅあるけなぁ~い」という方は病院へ行きましょう。

場合によっては手術をしなければならない可能性がありますので、そのくらいひどい症状の人は早期原因の特定と治療を!!

参考にしていただければ幸いです。

軟骨のすり減りによる関節痛のおすすめ医薬品

グルコンEX錠プラス:第3類医薬品


コンドロイチンを主成分としたグルコンEX錠プラスです。楽天でお得な10日分×3パックでの安いのを見つけました。

通常で販売されているのは瓶で7180円なので、1日分違いでだいぶんお得だと思います。

コンドロイチンZS錠

ヘパリーゼでも有名なゼリア新薬のコンドロイチンZS錠です。

価格が1万円超えるのでちょっと高いですね。成分的には上のグルコンEX錠プラスと同じです。

信頼のあるメーカーの物をご利用されたいのであれば、こちらをどうぞ

予防と対策のサプリメント

ゾウのマスコットキャラクターで有名なサトウの「美健知箋グルコサミン



サプリメントで一番おすすめなのはこちらです。

グルコサミンもコンドロイチンも摂取できるので、相乗効果がはかれます。

他にも色々出ていますが、わたしのお勧めはこちらの「美健知箋グルコサミン」ですね

治療か対策か、現状に合わせて自分の身体をケアしてくださいね。

痛くて動けない人は、薬じゃなくて、お医者様へ!!

コンドロイチンのサプリメントが有名な理由

関節痛や肩こりと言えば、グルコサミンやコンドロイチンという成分が頭に浮かびますね?

薬局でもたくさんありますが、グルコサミンやコンドロイチンがどのように関節に良いかという事をご存知の方はそれほど多くはないのでは?

グルコサミンとは

グルコサミンやコンドロイチンで関節痛が良くなると思われている方はたくさんいると思います。

直接グルコサミンやコンドロイチンが関節痛をよくするわけではないんですね。

もっと言えば、関節の痛みを無くすわけではありません。

特に、グルコサミンは関節の軟骨成分を作る成分の原料です。

軟骨成分=体の潤い成分だったりもするのですが、それが作られることで、関節の痛みを和らげるわけではないんですね。

関節の痛みの原因が、軟骨のすり減りだったりする場合に、グルコサミンが元となり、関節の痛みの改善になる”可能性”があるという事ですね。

摂取したグルコサミンは関節に直接作用するわけではないのですね。
グルコサミンについて

コンドロイチンについて

コンドロイチンは軟骨成分の原料です。

つまりはグルコサミンがコンドロイチンを作る成分になっているわけですね。

グルコサミンよりコンドロイチンの方が、関節軟骨に作用する為、関節軟骨のすり減りが原因の場合の関節痛には効果を発揮するわけです。

関節の痛みが、軟骨成分の減少が原因でない場合はあまり関係がないわけですね。
コンドロイチンについて

他の成分が入っているものを選ぶ

グルコサミンだけのサプリメントやコンドロイチンだけのサプリメントでは悩みが解消しないかも??

サプリメントでは栄養素を撮る事しかできませんが、他にも成分が入っているものであれば、関節軟骨のすりへりだけが原因じゃない場合にも、痛みを改善する可能性があります。

コンドロイチンは豊富に含まれている医薬品で、さらには神経の炎症とかにも作用するビタミン類が一緒に含まれている製品。
いくつか出ています。

グルコンEX錠プラス

gurukon

グルコンEX錠プラスは、コンドロイチンは規定値のギリギリまで入れた医薬品ですね。

さらに、ビタミンB1、ビタミンB6が新陳代謝を良くして、痛みの改善に向かいます。

ビタミンEが神経痛系の痛みにも作用するので、総合的に関節痛のサポートをしてくれる商品ですね。

他にも色々あります。

コンドロイチン系のサプリメントは以下のページ見れます♪

関節痛サプリメント>>