神経痛でお悩みの方におすすめのトコフェロンEナチュール


平均気温が10度を下回ってくると、痛みが発せしだすのが神経痛です。
気温の変化により、身体の巡りが悪くなることによって、神経痛の痛みが発生したりするのは、神経痛の人なら毎年体感している人も多いと思われます。

対策としては、『身体の巡りを良くするための事をする』ですが、温泉、マッサージ、軽い運動などです。

しかしながら、慢性的な神経痛の痛みを抱えている人は温泉やマッサージの一時的な改善では意味がなく、ましてや痛みがあるうちは運動もつらいと思います。

トコフェロンEナチュールは身体の中から神経痛に効果を発揮する医薬品。つまりお薬ですね。

『お医者さんに行っても、湿布を渡されるだけ』の人とかは、是非始めてほしい神経痛対策です。




トコフェロンEが血液のドロドロを改善

ビタミンE
トコフェロンEは身体の巡りを良くするためのビタミンEがメイン成分です。

もちろん、ビタミンEは普段の食事からも摂取する事ができますが、健康効果を得るためには100mg~300mgの摂取が必要と言われています。

ビタミンEが含まれる食品

ビタミンEが含まれる食品には

  • うなぎ
  • いくら
  • とうもろこし
  • かぼちゃ

などがありますが、うなぎで100mgのビタミンEを摂取しようとおもったら12枚、いくらだと1.1kgも食べないといけないのですね。

はっきり言って不可能ですよね。

神経痛の痛みを感じている、身体の巡りが悪くて体調不良をきたしている人が十分に摂取するにはトコフェロンEナチュールを摂取して、早期改善をする事をお勧めします。

辛い症状を改善

神経痛の主についら症状と言えば、シビレです。
ジンジン、ビリビリといったしびれがひどくなり、痛みが発生する人も多くいます。

温かい時期はまだ身体に違和感を感じる程度だったものが、寒くなってきたリ、冷えを感じる場所に行ったりすると、痛みに変わってきたりします。

オフィスワーカーの人も、肩こりと思っていると、筋肉の圧迫によって、神経が気づ付けられている可能性も考えられるのです。

筋肉のコリをほぐすには、また別の対策が必要になります。

その筋肉の凝りのおおもととなっているのが、結構の悪さだというかたにはトコフェロンEナチュールがおすすめです。

冷えを感じる人、結構の悪さを感じる人ですね。
寒くなってきた時期に感じる人は、根本からの改善をしてください。

シビレを改善するためにトコフェロンEで対策

神経痛の原因としては、末梢結構障害によるものが多くあります。

まずはそこを改善しないといけません。

前述したとおり、ビタミンEを十分に摂取する事が、身体の内側から改善する方法です。

身体に吸収されやすいものとして、また、安全なものとして、トコフェロンEナチュールをお勧めするのは、天然成分で作られているからです。

お薬とはいえ、身体の中に取り入れるのは安全なものを取り入れたいものですね。
メーカーの企業努力というべき、安心・安全の商品を提供されているのが大前提ですね。

公式ページにて、副作用等についても記載されていますので、ご覧になってください。




リョウシンJV錠。関節痛、神経痛に効果があるお薬


関節痛や神経痛に効果があるお薬のリョウシンJV錠。
日曜日の朝とかにテレビをつけているとCMでも流れたりしてますよね。

健康維持、予防などのサプリメントと違って、第3類の医薬品なので、効果効能がきちんと認められているお薬です。
公式サイトなどでは口コミなどが掲載されていませんが、それは医薬品だから口コミの掲載がNGなんですね。
その為、実際につかったユーザーの声がわかりませんが、テレビCMを打てるという事はそれだけの需要があるという事でしょう。
そんなリョウシンJV錠が関節痛と神経痛にどう効果があるか?をご紹介します。

どんな人に効果があるお薬?

まず、リョウシンJV錠はどんな症状に悩んでいる人に効果があるのか?
TVCMをご覧になったことがある方はわかると思いますが、関節痛、神経痛に効果があると認められている医薬品です。
関節痛、神経痛といえば、膝、肩、腰ですね。
例えば膝の痛みならば

  • 階段の昇り降りがつらい
  • 椅子から立ち上がる時に痛みがある
  • 歩いていても膝の痛みが気になる

そんな日常生活での当たり前の動作にも痛みを感じながら過ごさなければならない人の症状を改善してくれるものです。
ちょっとした痛みの内は、「まぁ、そのうちよくなるだろう」と思っていたのが、ほおっておくうちにちょっとずつ痛みが増して、気が付けば日常動作がつらくなる。
対策、改善策を何かしないと痛みは消えないのですね。

さらに、神経痛に効果がある薬の成分の多くは、血行を改善する成分が多く含まれています。
リョウシンJV錠の効果効能に肩こりも記載されているのは、血行を改善する成分が入っているからなんですね。
肩こりに悩まれて、しょっちゅう湿布を張っている人や、塗り薬でごまかしている方にも、身体の内側から治療するのに、リョウシンJV錠は有効なのです。

リョウシンJV錠の成分は?

日常のちょっとした動作に膝や腰の痛みを感じる人や、肩こりを改善したい人の為の薬、リョウシンJV錠はどのような成分が入ってるのでしょうか?

  • シアノコバラミン
  • ピリドキシン塩酸塩
  • ガンマーオリザノール
  • フルスルチアミン塩酸塩
  • パントテン酸カルシウム
  • トコフェロールコハク酸エステルカルシウム

これだけの成分が入っています。
それぞれどのように良いのか?

痛みの緩和

シアノコバラミン、ピリドキシン塩酸塩、ガンマーオリザノールの3つの成分は、痛みの緩和をしてくれる成分です。
たんぱく質、リン脂質の生成を助け、傷ついた末梢神経の修復に役立ちます。
腰痛や、肩こり、首からのしびれのような神経痛を和らげてくれます。

栄養補給

フルスルチアミン塩酸塩、パントテン酸カルシウムは主に栄養の代謝を助けます。
身体に吸収されて、ビタミンB1の吸収を効率よくするフルスルチアミン塩酸塩、糖質や脂質の代謝に関与したり、抗ストレス作用、髪を健康に保つ作用、そのほか皮膚を正常に維持するパントテン酸カルシウムを積極的に摂取する事で、身体の正常な状態を維持します。

血流の促進

血行を良くする成分として、色々な薬に配合されているのがトコフェロールコハク酸エステルカルシウムですね。
リョウシンJV錠だけでなく、他のお薬でも配合されているのをよく見かけます。
アーモンド等に含まれるビタミンEを十分に吸収するには、食事だけ身体と厳しいものがありますね。

富山常備薬、代表の思い

リョウシンJV錠の開発にあたって、富山常備薬の代表鈴木さんの思いが、公式ページ掲載されています。

弊社COO鈴木が、関節痛に悩むお客様方から大きく2つのお声をいただいており、そのお声をもとに開発いたしました。
特に「飲み忘れが無いように1日に飲む回数をなるべく少なくしてほしい」や「飲みやすい形状にしてほしい」、「続けやすい価格にしてほしい」などの声を多くいただいておりました。

一日に何度も飲まなければならない薬では飲み忘れも多いという事ですね。
更に、価格をなるべく下げる事で、多くの悩んでる人が手に取りやすくなるようにしたわけですね。
商品名の「リョウシンJV錠」は良心という日本語と両親世代の人に届けたいという思いから商品開発がされたようです。





40代、50代と年齢を重ねてくると痛み出すのが神経痛です。
痛みにつらさを感じる人の中には、神経痛という認識が無い人も多いかもしれないですね。

骨や筋肉が神経を圧迫する事で起こる神経痛です。
ピリピリ、ジンジンという擬音語で表現される事が多いですが、『ちょっと肩こりがひどいな』と感じる人も神経痛の可能性はあるのです。
また、筋肉の圧迫から起こる神経痛は、悪循環の元にもなります。

なぜならば、筋肉が凝り固まり、神経を圧迫し、痛みが発生する。
その痛みのせいでさらに筋肉が硬直してさらに圧迫へとつながります。

整体やマッサージでコリをほぐしに行くのも一つの方法!
でも、身体の状態を肩こりの出にくい状態にしてあげる事も大事です。

日々の習慣から、血行を良くするように工夫する事も大切ですし、食事を気にする事も大事です。

ビリビリ、ジンジンといった神経の痛みに発展する前に、対策を行う事が第一ですね。

悪循環にはまらないように、日々身体を大切に過ごしましょう。

神経痛に効果のある薬

神経痛といえば、腰の座骨神経痛、椎間板ヘルニア、首の頚椎症と病名が上がると思います。
ひどい状態だと、『ピリピリ』『ジンジン』と動くたびに痛みが出てしまう。
人によっては軽度な場合、ただの腰痛や肩こりだと思ってしまっている人もいると思いますが、神経痛は骨や筋肉によって神経が圧迫され起こる症状です。
腰痛、肩こりをほっておくと、しびれるような痛みに発展しかねません。
早めの対策の為に、お薬をご紹介します。

肩こりか神経痛か?

良くあるのが、肩こりだと思って整体とかに行ったりしてごまかしていると、だんだんひどくなったケースです。
神経痛の場合、神経の損傷で痛み、シビレが発生するので、肩こりだと思っていても、神経の修復をしてあげないと改善にならないのです。
ただの肩こりの場合は筋肉をほぐしてあげればよいのですが、『ほぐしてもその場しのぎ』と思っているような方は神経痛を疑ってみる必要があります。

頚椎からくるは神経痛の多くは頚椎症の事が多いです。
頚椎の側にある神経を、変形した骨が圧迫していたり、凝り固まった首、肩の筋肉が神経を圧迫したりします。

見分ける方法としては、まっすぐ上を向いた時に、肩から腕、背中の範囲に痛み、シビレ、違和感があるかどうかです。
痛みが響くようであれば、頚椎の神経を圧迫している可能性があるので、一時的に凝りをほぐしてあげるだけではなく、神経の修復も行えるように対策をしてあげる必要があります。

腰痛か神経痛か?


腰痛も同様です。
『腰がなんか重たいなぁ~』『腰を動かすと痛いな』という方は、椎間板ヘルニアや座骨神経痛になってしまっている可能性があります。

首とは違い、広範囲な部分ですから、身体を前に倒してみて脚に痛み、シビレ、感覚麻痺などがある場合は神経が損傷している可能性を疑ってみてください。

椎間板ヘルニアの場合、椎間板が出ている場所によって、痛みが走る場所が違います。
また、長く放置すると、飛び出した椎間板が石化して、手術をしないと改善しないケースも出てきます。
痛みを減らすためにも、神経の損傷、炎症を抑えてあげる必要があります。

神経痛には血行に良い医薬品

神経痛に良い成分としては、血行を良くする成分、神経を修復する成分を積極的に摂取する事をお勧めします。
痛みの患部を温めてあげたりするのも良いです。

ただ、神経を修復する成分に関しては、身体の中から修復する必要があるので、整体やマッサージのような対策では改善されないことが多いです。

シアノコバラミンやガンマーオリザノール、ピリドキシン塩酸塩などを摂取する事で、神経の修復に効果が期待できます。

血流を良くするのはトコフェノールEが有名です。

サプリメントではあまり含まれていない成分なので、医薬品から摂取する事をお勧めします。

神経痛!なぜピリピリと痛みが発生するのか?

肩凝り

ピリピリ、ジンジンという擬音語で表現される神経痛。

さて、どのようにして神経痛は起こるのでしょうか?

神経痛は肩や腰の神経痛、所謂頚椎症椎間板ヘルニア座骨神経痛と聞き覚えがある病名であればなんとなくイメージが付きやすいのではないでしょうか?

骨や筋肉に神経が圧迫され、それが痛みとして発生するのが神経痛です。

肩凝りで悩まれている方でも、実は神経痛だったなんて事はよくある事です。





首の神経を圧迫する事による神経痛

頚椎に走る神経を圧迫する事で起こる神経痛。

上腕部がしびれたり、片方の腕の感覚が無かったり、上を向いた時に背中全体に痛みが走るといったような症状が代表的でしょうか。

通常の肩こりは肩の筋肉が凝り固まっている事です。動きが悪くなったりするくらいで、筋肉をほぐしてあげれば改善します。

逆に、肩こりも放っておくと凝り固まった筋肉が神経を圧迫するので、神経痛に発展してしまいます。

その場合も筋肉をまずほぐし、傷ついた神経を修復してあげる必要があります。

背中が凝ると感じる人も同様の可能性があります。

わたしも経験者ですが、

  • 上を向くと背中全体に電気が走るような感覚がある。
  • 常に肩甲骨の周りが肩こりのような気持ち悪さがある。
  • 慢性的になってくると、肩こり体操とかをしたところで、一時的な効果で全然良くならない。

といったことがあります。

さらにひどくなると、手の感覚がなくなってきて、仕事に集中できないといった状況になっていったりしました。

どうにかしたいと鍼灸に行きましたが、2,3日方が軽かっただけで、首を回すとビリビリ痛むし、全然改善には至らなかったわけですね。

首の神経痛の人に多く見られること

生活習慣で言えば、毎日長時間パソコンを見続けている人には多いのではないでしょうか?

しかも猫背になって、少し上を向くような姿勢になってしまっている人は首の神経を圧迫してしまう事が多いように見受けます。

わたしもパソコンを毎日「ギッ」っと見続ける仕事をしてましたから、常に背中が痛い状態でした。

あとは、慢性的に血行が悪い方とかもですね。

血流が悪いと肩が凝ります。凝り固まった筋肉が神経を圧迫します。

血流を改善するためにマッサージとか日常的に言っていれば発展する事はないかもしれませんが、そんなにしょっちゅう行けるものでもないですよね。

そうなると、神経痛に発展してしまって、慢性的に痛みを抱えるような日常になってしまう恐れがあります。

他にも骨の変形(骨棘)によって神経を圧迫してしまったりします。

過去に事故でとか、加齢と共に骨が変形してしまったりという事があります。




神経痛を改善するには

神経痛を改善するには、まずは神経を圧迫している原因を取り除いてあげる事です。

骨自体に問題がある場合は難しいかもしれません。

お医者様に相談する必要があると思います。

肩凝りからの延長や、血行不良の場合は、神経を圧迫している筋肉をほぐしてあげて、神経を修復している栄養をしっかり取ってあげる事です。

コリをほぐす方法は色々あると思いますが、神経を修復する栄養素はなかなか十分な摂取が難しいかもしれないですね。

ビタミンB群をバランスよく摂取する必要があります。

B群には代謝を促す補酵素としての役割を多く持っているものが多いからです。

新陳代謝を促す事で血管を強くしてあげ、血流の改善の助けをする、神経の修復の助けをするといったことが期待できます。

神経痛対策の医薬品としても、ビタミンB群を多く含んだお薬が多く見受けらるのも、それが理由です。

神経痛の痛みにお悩みの方へお勧めの医薬品

ビタミンEは血流を良くして肩凝りとかを改善してくれます。

トコフェロンEナチュールを主成分にビタミンEを配合した、肩こり、神経痛の改善薬です。

テレビCMでもよく見かけるリョウシンJV錠はビタミンB群をバランスよく含んだ神経痛のお薬です。

ビタミンEも入っているので、わたしのおすすめNo.1の医薬品です。

 

上の二つは両方とも神経痛に効果・効能が認められた第3類医薬品です。

サプリメントは健康補助食品ですが、痛みがある方は治療を目的とした医薬品をお試しされることをお勧めします。

 

他にも関節痛、神経痛に効果のあるお薬はたくさんあります。

 

痛みに悩まれている方は、ぜひお試しください。