寒い季節には神経痛対策が必要!神経痛にはリョウシンJV錠

気温が下がってくると、神経痛の痛みが出てきたりするという人も多いです。

聴いて話だと、10度を下回ると、症状を訴える人がおおくなる傾向があると聞きますね。

冬の時期で「キーン」と冷えてきたときにぴりぴりジンジンと痛みを感じたりするわけですね。
膝の痛み

寒さによって痛みが発生している人には神経痛の発生している原因に対しての対策が必要です。

血行を良くする

まずは血行を良くすることが重要です。
どんな病気や怪我でもそうですが、身体全体を巡っているのが血液です。
血液の循環によって、色々と身体に変化を与えています。

血行を良くする方法としては、

  • お風呂に入る
  • 患部を温める
  • 血行を良くする食事

などがありますね。

温泉とかはやはり良いと思いますが、毎日温泉に入るには、温泉地に家を買う事しかできませんね。
入浴剤とかで自宅で工夫するのも良いかと思います。

患部を温めるのにはお風呂も同様に効果が期待できますが、ちょっと熱めのシャワーとかでしばらく当て続けるのも良いです。
サポーターなどで普段から温めて緩和していおくのも良いです。
温湿布などもお勧めですが、肌が弱くて湿布が貼れないという人は、肌に良いクリーム等を使うのも良いです。

身体を温める食事としては根菜などですね。
生姜、胡椒、唐辛子とかは有名ですので、ちょっとずつでは良いですが、食事に取り入れてみるのが良いです。

サプリメントやお薬を利用するのもお勧めです。
冷え性対策系のサプリメント、血行改善のお薬もたくさん出ています。
試してみるのが良いですね。

神経を圧迫している筋肉をほぐす

神経痛が出る原因としては、神経を圧迫しているものがあるからです。
筋肉により神経が圧迫され、神経が炎症を起こし、また、その神経痛によって筋肉が硬直し、さらに神経を圧迫するといった悪循環が起こったりします。

肩こりがだんだんひどくなっていって、痛みになってきてしまうのも、この悪循環による場合もあります。
肩の神経痛

まずは神経痛周りの筋肉をほぐしてあげる事を考える必要があります。

痛みがそれほどひどく無い場合は運動を行うのも良いです。
ストレッチでも効果が期待できます。

痛みが激しくて、動かすのがつらい人はマッサージでも辛い場合があります。
湿布や塗り薬で徐々に緩和させるのも良いでしょう。

お薬対策をするのであれば、神経痛に効果効能が認められているリョウシンJV錠がおすすめですね。

リョウシンJV錠公式ページ

神経の炎症を修復する

神経痛の痛みの原因はもちろん神経の炎症です。
炎症を抑えてあげるのが、神経痛の痛みのおさえるのにつながります。

これに関しては、血行を良くすることも重要ですが、痛みの発生まで行っている人にはお薬で対策をするのが良いでしょう。

身体の内部で起こっている問題は身体の中から対策を行う必要があります。

血行を良くして、筋肉をほぐし、神経の修復を行う成分が含まれているのが、リョウシンJV錠です。

リョウシンJV錠公式ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする