関節痛・神経痛でお悩みの方が気にするべきこと

関節痛や神経痛でお悩みの方は年配の方に多いと思います。
それは世間的な一般常識であって、軟骨のすり減りによる痛みの発生に関しては、40代の方々も多く抱える問題化と思われます。




さらに言うのであれば、60代、70代の人はキチンと認識がある人がおおいのですが、40代の人、50代の人はそこまで重たい問題と考えていない傾向が見えます。

『膝が痛い』という認識はあっても、寝たらましになるからほったらかしという人も多いのではないでしょうか?
実は身体の中で、軟骨がすり減り痛みが発生してしまっている事に気づいていない人がおおいわけですね。

関節に負担を与える

普段の生活から関節に負担を与えている人はもちろん、健康の為に運動を始めようと思って、運動を始めた瞬間ひざの痛みを感じるようになった人も多いのではないでしょうか?

ふだんから運動をしていなかった人が、急に運動を始めたら、急激に膝に負担を与えます。
山登り、ランニング、ウォーキング等全部に言えることだと思います。

いきなり膝に負担を与えると、徐々に痛みの原因になってくる症状が表に出てきて、痛みを感じるようになることは間違いありません。

実は筋肉の圧迫や骨の圧迫が神経を炒めている

身体のバランスが崩れる事で神経痛は発生します。

若い人の場合であれば、睡眠不足や悪い姿勢によって神経痛を発生させます。
ただの神経の炎症であれば、休みを摂れば痛みはなくなることはありますが、体質的に神経を圧迫するような感じになっていると、根本的な改善をしないと、痛みは出続けます。

なぜなら、神経の炎症や神経組織の破損を改善していないからですね。
内側から良くするには、神経を主婦くするための栄養を取る必要が大いにあると思います。

それは、サプリメントでは補いきれないかもしれないから、お薬などに頼る必要がありますね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする