サプリメントの効果は本当?サプリメントが効果が無い理由。

お医者さん

健康の為にサプリメントを勧められるのは、健康志向の友人たちとの会話の中でも良く見かけるシーンですね。
職場でも、女子会でも、そのような場面があったりしませんか?

女子A『美容の為に何かしてる?』
女子B『あたしこれ飲んでるよ♪』
女子A『えっ、効果あるの?』
女子B『よくわかんないけど、なんかいい感じはするから、もうちょっと続けてみる♪』

結構あるあるな会話だと思います。
でも、よく思い返してみてください。
お医者さんや、薬局で、身体の調子が悪い時に、サプリメントを勧められることはありますか?

もちろん、美容で悩みがあるときに、薬局に行って『メイクのノリが悪いから何か言いの無いかしら?』なんて薬剤師に聞いたりはしませんよね?

サプリメントの本来の役目とは何なのかについてご説明しましょう。



サプリメントとは

サプリメント
みなさん、まずサプリメントの効果・効能について話す際には、サプリメントとはどういう役割をするものかという事を知って得必要があります。
サプリメントは日本語では『健康補助食品』という分類になります。
その中でも、機能性表示食品、栄養機能食品といった、特定の機能、効果が認められている物もありますが、特別な記載がないものは基本的には健康補助食品です。

感じばっかりでわからない…

ですよね…

つまり、サプリメントはごはんと一緒。
ただの食べ物です。

マグロの目を食べたら頭が良くなるよ!
キャベツを最初に食べたら痩せると!
と言われるような、同じ食品です。

グルコサミン飲んだら関節にいいよ♪
とか
DHA飲んだら頭が健康になるよ!

とかは効果ではないんです。
そういった良い事の栄養成分が入っているだけで、『マグロの目玉を食べたのに頭良くならないじゃん!』とキレる人がいないように、サプリメントのんでも効果が無いのは周知の事実としてなっておかなければならないんですよね。

だから、広告とかでは決して『飲んだら効きます』とは掲載できないのですね。
だって、効果効能が認められてないから!
そんな掲載をしているサプリメントの会社があったら、消費者庁に訴えましょう!
即刻、広告活動停止となります。
※本当に景表法に触れてたらですけどね。グレーゾーンはわかりません。

サプリメントは飲むだけ無駄?

サプリは無駄
お薬のように、効果が認められていないサプリメント。
つまり、栄養摂取の食事とイコールのものです。

『だまされたぁ~』

なんて言葉もたまに聞きますが、よっぽど悪質ではない限り、だまされてはいないと思います。

だって、サプリメント開発して、商品化して、インターネットで販売するのって結構なコストかかりますからね。
わざわざだますためにやるには、予算がかかり過ぎです。

毎日バランスの良い食事を摂っていれば、大体の人は健康に過ごして行けるのです。

それが、食事の時間も栄養バランスも全部バラバラな人がおおい世の中です。

だから、不足している栄養素、不足しがちな栄養素、年齢とともに、ちょっとずつなくなってくる栄養素等々色々あるのです。

それは食事だけでは難しいので、粒の状態に栄養が凝縮されているものなどを利用するわけですね。
それが食事の栄養の補助なわけです。

だから、無駄ではないのですね。

DHAを摂れば、脳に良いといわれている栄養分はとれるのです。
グルコサミンを摂れば、関節のクッションの役割をする成分の減量を摂取できているのです。

DHAもグルコサミンも、これから年齢をとってから減少したり、不足したりする栄養なんで、どちらかというと早めにバランスを整えておくべきものですね。

サプリメントはお薬では無いので、症状が出てから飲み始めても、なかなか効果は期待できないでしょう。
その時は、お医者さん、医薬品に頼るのが一番ですね♪

サプリメントの良い利用方法

健康維持を目的としてサプリメントを摂取するのが一番です。
悪くなったところを治療するものではないので、今の状態をキープする!
そんなつもりで色々なサプリメントを利用するのが良いと思いますよ。

例えば、美容系の成分のプロテオグリカンなんて、水分を貯める成分です。
いままでのコンドロイチンなんかに置き換わったものですね。

では、それをたくさん取れば若返れるのか?
それは無理です。
お肌の潤い効果などは期待できるかもしれませんが、自分の本来の能力を超えてというのは無理です。

今の状態をより悪くしないようにと利用するのがおすすめですね。

だから、本来であれば、サプリメントを摂取すべきは20代後半~40代前半位だと思います。
一番食事の乱れがあり、キープするにはまだまに合う段階ですからね。

早めに始めるのが良いですよ。



医薬品と勘違いはしてはいけない

サプリメントは医薬品とは違い、効果効能は認められていません。
医薬品はキチンと検査がされ、臨床試験も行って、効果があることが認められている物なのです。

だから、お医者さんでも、薬剤師にも『症状はどんな感じですか?』と聞かれてその症状だったらこのお薬!という、効果が期待できるお薬が提供されるわけですね。



サプリメントの悪い広告にはだまされるな!

最後に、サプリメント会社はたくさんあります。もちろんキチンとしている会社も多いでしょう。
今は消費者庁の景表法と厚生省の薬事法が広告に色々制限をかけているからですね。

もちろん守らないと、業務停止命令に進んだりします。
結構ここ数年は問題になり、『日本〇販』とか仕事を無くした人も多かったのではないでしょうか?

だから、大体ネットに出回っている商品は安心はできると思われます。

ただし、そういった目をかいくぐって、もしくは、見つかる前に会社その事業はやめる!といった覚悟で行っているところもあります。
サプリメントなのに『効果があります』『1日3回、〇錠飲みましょう』とか掲載されているところはアウトです。
効果を見せるように書いてますが、薬事法にも景表法にも引っかかりますね。

そんなデマの広告には引っかからないで、純粋に商品の事について説明がされているところから購入をされるのをお勧めします。