自炊で健康生活

日本人の主食はお米。
毎日お米を食べるのが当たり前になっていると思いますが、最近の炊飯器はすごいですよね。
ずっと一人暮らしで「お米は炊ければよい」と安い炊飯器を使っていました。
それこそ、1万円もしない程度の、3合まで炊ければよいものです。
テレビとかでは「圧力釜」とかがCMでバンバン流れていて、いろいろなメーカーのが紹介されていますが、「たいしてかわらないだろう」くらいにしか思ってなかったんですね。
高圧の炊飯器>>

香りが違う

ごはんが炊けるときにいい香りしますよね。
ほのかにご飯が炊ける香りが漂ってきます。
私はあれが好きなのですが、炊飯器が変わると、その香りもちょっと濃くなる気がします。
ダイエット的には良くないのかもしれないのですが、食欲をそそります。
基本的に料理をするときは、炊飯器を先に動かして、おかずを調理しますので、おかずが出来上がってくる少し前くらいから、ご飯の炊ける香りがしてくるのですね。

触感が違う

私はお米は固めが好きなんですけど、水の量を調整するば、固めのご飯はできます。
違うのは、それにプラスされたふっくら感。
触感が全然違うのに驚きです。
圧力鍋で煮物を作るときにも感じますが、具材の中にぎゅっと凝縮されるから、触感も変わるのかな?とも思ったりするわけです。
高圧の炊飯器>>

味が全然違う

ごはんはおかずと食べて初めて味がする!といった感じだったのですが、炊飯器を変えると味も全然違いました。
安物を使っていた私にはわからなかったことですね。
ここまで違うのかと…
お米がおいしいと食も進みます。
ちょっと食べすぎ感もありますが、まぁ、おいしいものは進んで食べたくなります。
この炊飯器はダイエットの敵だなとは思ったわけです。
高圧の炊飯器>>

なぜなら糖質を取りすぎてしまいますからね。
糖質制限のダイエットをしている人にはお勧めできないですが、おいしくて食べ過ぎてしまった人は糖質の吸収を抑えるサプリメントをお試しいただくのも一つだと思います。

炊飯器を変えて食べ過ぎて、その糖質を抑えるためにサプリメントで制限してって、効率がすごい悪い気もしますが、まぁ、食を楽しむのも日ごろのストレスを無くすのには良いと思います。
また、ダイエットや健康を考えても、食事はバランスよくきちんと摂取した方がいいので、調整しながら食事をするのが一番良いですね。

青汁で食事のバランスを整える>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする