関節痛 軟骨のするヘリが原因の場合の対処法

関節の痛み、特に膝の痛みがある場合の原因の一つとして、関節を酷使する事により関節軟骨がすり減って、痛みが発生する場合があります。
それは加齢と共にコンドロイチンが減少してしまう事が修復前に痛みの発生までの状態にしてしまうのです。

対処の方法としては、関節を酷使しないことが一番ですが、栄養から関節を保護している軟骨成分を吸収してあげるという事も大事な事の一つです。

実は若くても発生するのが関節軟骨による関節痛
関節痛の原因

グルコサミンサプリの摂取

グルコサミンは食事からも摂取できます。
グルコサミンが多く含まれている食べ物として、カニ、エビのような甲殻類に多く含まれていると言われています。
オクラや納豆などのねばねばした食べ物にも多く含まれています。
しかしながら、グルコサミンは関節軟骨の原料。食事の栄養が軟骨形成に働くのに100%かといえばそうではありません。
お肌の潤いなどにも使われるため、身体の全身に分散されていくわけですね。
十分なケアができるような量をとろうと思うと毎日相当量の食事をしなければならなくなります。

現在市場でグルコサミンサプリメントが多く販売されている理由にはそういったことが関係しています。
食事からでは補いきれないから、中高年では関節痛を持っている方が多くいらっしゃる。
痛みに耐えられないというレベルの方がいれば、良くなったり悪くなったりを繰り返すような方もいらっしゃいます。

大なり小なり、軟骨のすり減りがあるのは2足歩行の人間の宿命のようですね。

なので、長く痛みを感じないように過ごすにはグルコサミンやコンドロイチンが含まれたサプリメントを摂取するのがおすすめなのですね。

グルコサミン、コンドロイチンを含んだ医薬品、サプリメント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする