関節痛/神経痛には医薬品とサプリメントの組み合わせ

関節の痛みの原因をご存知でしょうか?

特に膝!

二足歩行で活動している人間にとって、加齢と共に、膝の痛みが出てくるのは"わけ"があります。

20代から始まるコンドロイチンの減少

加齢と共に、体内のコンドロイチンは減少します。

コンドロイチンは身体の軟骨成分を作る原料です。

軟骨がなくなると、関節がスムーズに動くことができなくなります。

そうすると何が起こるか…

関節痛,軟骨減少

軟骨がクッションの役割をしてくれているのですが、それがなくなると、骨どうしがぶつかるのです。

痛みの発生の前に防ぐ

歩けない、階段が登れない、立ち上がるときにズキっと痛む。

そんな症状が出る前に、関節ケアをするなら、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントです。

関節痛のサプリメント>>

発生する前に防ぐのが重要です。

日ごろからのケアをすることで、関節軟骨を作るコンドロイチンの減少を防ぐことができるのです。

関節の痛みが出てきたら?

痛みが出てしまったら、治療です。

サプリメントでのケアではなく、病院での治療、医薬品での治療をすることが重要です。

また、関節周りの筋肉が弱っているので、運動をすることが重要です。

でも、痛くて運動できない!

そんな人は、緩和系のサプリメントを摂取しつつ、治療を行う事をお勧めします。

ツラいふしぶしに。初回お試し1,980円(税込)【キャッツクロウスカット】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする