乳酸菌で腸内環境を整える

乳酸菌という言葉を聞いたことない人はほぼいないでしょう。

そして、その乳酸菌は漠然と健康に良い!と思われている方も多いと思います。

ビフィズス菌という名前を聞いたこともあるかと思いますが、人間の体内にいる乳酸菌はほかにもアシドフィルス菌、フェカーリス菌などがいます。

それらが善玉菌と呼ばれているのですね。

乳酸菌は腸の環境を整える

腸環境を整えるとされている乳酸菌ですが、腸環境を整える事で何が良いのかはご存知でしょうか。

まず、腸の働きが悪くなると、最初に頭に浮かぶのが、便通ですよね。

もちろんもちろん。

便通が悪くなるのはその通り。

しかしながら、免疫力も低下するので、風邪とかひきやすくなります。

これからの季節だとインフルエンザも流行ってくる季節なのですが、そのインフルエンザもウイルス性の風邪です。

ウイルスが入り込んで来ても、それに対抗できる身体ができていれば、症状が現れる前に治ってしまいますが、免疫力の低下が原因で、ウイルスが体中に広がって行ったりしてしまいます。

そうすると、高熱が出たりとよく冬場に見かける症状が出てしまうわけですね。

悪玉菌は毒を吐く

まぁ、言い方が悪いですが…

悪玉菌は毒素を出します。善玉菌がいる事で、この悪玉菌を減らしてくれるのですが、善玉菌が少なくなってしまうと、悪玉菌が優勢になってしまうわけですね。

その悪玉菌が出した毒素を腸が吸収して、身体全体にいきわたる事で、身体全体の不調にもつながってきてしまいます。

悪玉菌を減らすには、善玉菌を多く摂取する事が必要ですね。

死滅菌には気を付けて

善玉菌をいつも摂取していても、乳酸菌は生きて腸まで届かないことが良くあります。

死んでしまった菌の事を死滅菌と言います。

死滅菌ばかりが増えてしまうと、悪玉菌に対抗する善玉菌がいるわけではないので、あまり効果が期待できません。

いきて腸まで届く乳酸菌の摂取が腸内環境を整えるのには必要になってくるわけですね。

ヨーグルトだけで足りてる??

ヨーグルトとかから乳酸菌を摂取する事はできますが、胃の消化液で乳酸菌が死んでしまっては意味がありません。

習慣的に毎日とり続けていれば、ある程度一定に保たれてくるとは思いますが、今調子があまり良くない人は改善まで時間がかかってしまうのではないでしょうか。

腸内に届く乳酸菌を摂取するには、いきた乳酸菌を多く含んだサプリメントがおすすめです。

特に、今便秘や免疫力低下でお悩みの方はぜひ、乳酸菌の数がたくさんあるサプリメントを選ぶことをお勧めします。

おすすめ乳酸菌サプリメント>>