キャッツクロウ×コンドロイチンで関節痛を改善

キャッツクロウという植物をご存知でしょうか。

アマゾンジャングルの奥地に自生する植物で、昔からふしぶしの悩みに重宝されていた植物です。

どのような効果が期待できるのか?また、関節痛といえば、グルコサミンやコンドロイチンですが、どのように違うのかを解説します。

関節痛の多くの原因は?

関節痛の多くの原因は関節軟骨の減少によるものが多いです。

関節軟骨が減り、骨がぶつかる事で、痛みが生じたりするわけですね。

その軟骨成分を形成する原料となるのが、グルコサミンやコンドロイチンです。

グルコサミンやコンドロイチンで、軟骨がキチンとクッションの働きをしてくるようにする事で、関節痛を和らげるとされているのが一般的な考えです。

しかしながら、関節周りの筋肉を鍛えないと、硬くなった関節周りの動きはなかなか取り戻せません。

また、グルコサミンやコンドロイチンはゆっくりと作用するものなので、すぐに痛みの解消にはつながらないのです。

キャッツクロウの効果

キャッツクロウは天然植物です。

一般的にはお茶にして飲んだりとするようなので、お薬と違って身体にも副作用等の危険は少ない、優しい成分ですね。

お茶として習慣的にも飲んで問題の無いキャッツクロウは、コンドロイチンやグルコサミンと違って、関節軟骨の再形成をするわけではありません。

免疫バランスを整えて、症状を和らげてくれる働きをしてくれます。

免疫バランスを整えるという事は、関節痛だけではなく、他の病気にも効果を発揮してくれることが期待できるのではないでしょうか?



キャッツクロウで和らげて、体質改善

キャッツクロウで症状を緩和することで、いままでできなかったウォーキングや筋力トレーニングが少しずつ行えるようになってくると思います。

関節周りの筋肉を鍛える事で、関節痛を悪化しないように保護できるようになります。

その際に、軟骨成分を摂取する事で、関節の動きをスムーズにしてくれます。

今、痛みに悩んでいるかたは、症状を和らげることと、根本的な改善を目的として、コンドロイチンやグルコサミンの成分を取る必要があります。

和らげて、体質から改善するにはキャッツクロウの成分がおすすめです。

関節痛サプリメント>>

健康には組み合わせが必要です。

キャッツクロウ×コンドロイチン&グルコサミン

また、コンドロイチンを作る原料となるのはグルコサミンなので、コンドロイチンとグルコサミンの併用もおすすめですよ。

両方の成分が入っているのはユンケルでおなじみの佐藤製薬社美健知箋グルコサミンです。

組み合わせで今の関節痛のお悩みを改善してみてくださいね♪