コンドロイチンのサプリメントが有名な理由

関節痛や肩こりと言えば、グルコサミンやコンドロイチンという成分が頭に浮かびますね?

薬局でもたくさんありますが、グルコサミンやコンドロイチンがどのように関節に良いかという事をご存知の方はそれほど多くはないのでは?

グルコサミンとは

グルコサミンやコンドロイチンで関節痛が良くなると思われている方はたくさんいると思います。

直接グルコサミンやコンドロイチンが関節痛をよくするわけではないんですね。

もっと言えば、関節の痛みを無くすわけではありません。

特に、グルコサミンは関節の軟骨成分を作る成分の原料です。

軟骨成分=体の潤い成分だったりもするのですが、それが作られることで、関節の痛みを和らげるわけではないんですね。

関節の痛みの原因が、軟骨のすり減りだったりする場合に、グルコサミンが元となり、関節の痛みの改善になる”可能性”があるという事ですね。

摂取したグルコサミンは関節に直接作用するわけではないのですね。
グルコサミンについて

コンドロイチンについて

コンドロイチンは軟骨成分の原料です。

つまりはグルコサミンがコンドロイチンを作る成分になっているわけですね。

グルコサミンよりコンドロイチンの方が、関節軟骨に作用する為、関節軟骨のすり減りが原因の場合の関節痛には効果を発揮するわけです。

関節の痛みが、軟骨成分の減少が原因でない場合はあまり関係がないわけですね。
コンドロイチンについて

他の成分が入っているものを選ぶ

グルコサミンだけのサプリメントやコンドロイチンだけのサプリメントでは悩みが解消しないかも??

サプリメントでは栄養素を撮る事しかできませんが、他にも成分が入っているものであれば、関節軟骨のすりへりだけが原因じゃない場合にも、痛みを改善する可能性があります。

コンドロイチンは豊富に含まれている医薬品で、さらには神経の炎症とかにも作用するビタミン類が一緒に含まれている製品。
いくつか出ています。

グルコンEX錠プラス

gurukon

グルコンEX錠プラスは、コンドロイチンは規定値のギリギリまで入れた医薬品ですね。

さらに、ビタミンB1、ビタミンB6が新陳代謝を良くして、痛みの改善に向かいます。

ビタミンEが神経痛系の痛みにも作用するので、総合的に関節痛のサポートをしてくれる商品ですね。

他にも色々あります。

コンドロイチン系のサプリメントは以下のページ見れます♪

関節痛サプリメント>>