水泳と健康

水泳が健康に良いというのは周知の事実ですね。

ダイエットの為、身体の健康の為、痛めた関節を保護しながら筋肉を鍛えるため、肺活量を鍛えるためetc…いろいろあります。

健康な運動=水泳というのはみなさんご存知ですよね。

水中ウォーキング

泳げない人は水中ウォーキングを行われるのがおすすめです。

ダイエットにはあまり効果は少ないかもしれませんが、水中で抵抗を感じながら歩くことで、負荷がかかる良い運動になるのではないでしょう?

swim_walk

ウォーキングの方法にもいろいろあって、ただ水に浸かって歩いているだけでは、普通のウォーキングよりも楽になってしまう場合もあります。

年配の方で、関節を痛めたりしている方は、重力の負荷を無くして関節周りの筋肉を鍛えるために有効かもしれません。

ダイエットの為や、運動の為に行われる方は、負荷のかかウォーキング方法を行ってみてください。

手で水をかきながら進む

上半身の運動の為に手で水をかきながら進むのも効果的です。

また、手で水をかきながら進むことで、脚でしっかりと支えなくてはいけなくなります。

なので、結果全身運動になって、身体の全身を引き締めるのに効果的です。

大股で進む

大股で進むことで、全身で水の抵抗を感じることができます。

普通に水中を歩いている時より、水の抵抗が加わり、進みにくくなりますので、これも全身のバランスを保ちながら行うと効果的な運動になります。

他にもいろいろありますが、基本となるのは、水の抵抗をしっかり感じながら進むという事ですね。

ただの水中ウォーキングではなく、きちんと運動として成り立つように取り組んでみてくださいね。

クロール

泳げる人はクロールが一番一般的ではないでしょうか?

誰でも昔練習したことがある動きです。

また、クロールはバタ足が重要になってきます。

長い距離や長い時間泳ぐときに、バタ足が続かなくなってきますが、マラソンとかほかのスポーツと同じように、脚から身体を動かすことは、全身のカロリー消費には非常に効果的です。

少し本格的にダイエットを行おうと思われている方は、クロールの練習をしてみるのも良いと思いますよ。

キチンとした泳法になれば、クロールも腕の力がすごく必要になってきます。

水をきちんとキャッチしてかくことで、腕にかかる重さは相当なものになります。

世界大会の水泳選手が逆三角形になるのはそのくらい負荷のかかる泳ぎに耐えるための筋肉をつけているからですね。

競泳のレベルまでは行かなくても、ある程度のスピードが出るような泳ぎ方ができるようになれば、カロリー消費の効率はアップします。

ウォーキングとは格段の差が出る事は間違いなしですね。

平泳ぎ

長い時間を泳ぐ人は、平泳ぎだと長く泳げると思われている方も多いのでは?

平泳ぎもきちんとした泳法で泳ぐと、非常に全身を使う泳ぎ方です。

長距離はなかなか持ちません。

また、背中の筋肉のたるみを気にしている方は平泳ぎでしっかり背筋を使いながら泳ぐことをお勧めします。

クロールと違って、平泳ぎは背筋が非常に重要になります。

息継ぎの時に顔だけを上げるのではなく、肩くらいのところまで水面より上にあげるつもりで泳ぐと、おのずと背筋の重要性がわかります。

最後に、ダイエットのためにプールに行かれている方は、その後の食事に対する意識を忘れないようにしてください。

ダイエットのために水泳に行っても、飲み食いが過剰になってしまっては意味がありません。

あくまでもダイエットは摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。

また、運動後は身体が糖質を取りたくなっています。

吸収率も上がっています。糖質ダイエットで痩せようと考えている方は、その点も注意が必要ですね。

ダイエットは食事×運動なので、運動だけじゃなく、食事に関して意識を向けていく必要がありますね。

また、栄養バランスが崩れることで、身体の調子を崩してしまう事もあります。

調子を崩すとダイエットを中断せざる負えなくなります。

そうならないためにも、摂取する栄養素には注意を心がけてくださいね。

食事でうまく取れない場合はサプリメントもお勧めです。

今ではドラッグストアでも簡単にサプリメントが手に入りますし、インターネットでも様々なサプリメントが用意されています。

インターネットで購入した方が、店舗への卸が無いため、高品質で良い商品が手に入ります。

成分とかを注意して、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

【健康サプリメントお勧めサイト】

http://push-house.link/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする